ベランダ菜園資格

■ベランダ菜園の資格取得を目指しましょう。

「資格」と聞くとなんだか、難しそうで勉強が大変そうなんて思うっている人も多いのだと思います。

しかし、「ベランダ菜園」の資格はそんなに固く考える必要はありません。

ベランダ菜園は趣味の一つとして、行っている人が多いのです。
その資格ですから、直接仕事に活かそう!というひと向けではなく

自宅での「ベランダ菜園」の知識を深め、実際にやりながら、最終的にも資格がとれたらいいなという人向けです。

つまり、気軽に目指せる資格なのです。

日常をより豊かにするために資格取得を目指しましょう。

■ベランダ菜園の資格で何が出来るのか?

ベランダ菜園の資格を取得することで出来ることをご紹介します。

ベランダ菜園の資格はその名の通り
ベランダでや野菜や花等を育てるための知識を身につけられます。

資格取得後に、行っている具体的な例は
・庭に花を植えて、きれいに丁寧に育てる
・プランターにバジルやハーブを育て、料理につかう
・観葉植物を育てて、部屋の雰囲気を変えてみる

など、日常の中に活かすことを目的としている人が多いようです。

資格取得を目指す多くの人は、自宅にいる機会の多い人、主婦や時間にゆとりの出来た人に多く選ばれています。

日常生活の中に、自然を取り入れて一つの楽しみとして取り入れてみてはいかがですか?

■ベランダ菜園の資格の種類とオススメ

ベランダ菜園の資格にはいくつかの種類があります。

「ベランダ菜園アドバイザー」
「家庭菜園インストラクター」
「美味安全・野菜栽培士」
「家庭菜園検定」

などがあります。

一見すると違いが分かりにくいと思いますので、それぞれの資格で学べることを詳しく解説します。

「ベランダ菜園アドバイザー」
ベランダ菜園アドバイザーという資格は、その名の通り
ベランダ菜園のスペシャリストを目指す資格です。

「どのように育てれば枯らさずに管理できるか」
を問われる資格です。

この資格はとても実践的だと思います。
それぞれの植物や野菜毎に、変わる育て方ですが、基本となる部分は同じです。

そのベースとなる部分を学べる資格なのです。
試験単体で受ける場合も、自宅での受講が出来るのでとても気軽に取得できる資格です。

「家庭菜園インストラクター」
家庭菜園インストラクターは野菜毎に、どのように育てれば良く育つのかという応用知識が身につく資格です。

ベランダ菜園アドバイザーと異なる点は、育てるための最低限の知識ではなく、育てるうえでよく育てるには?という点を問う資格です。

基本と応用を兼ね備えた、資格となります。

具体的には
・肥料のあげかた
・害虫などの対策
・土壌の選び方
等です。

「ベランダ菜園アドバイザー」と「家庭菜園インストラクター」の資格を両方取得する人は多いようです。
自宅で行う知識をみにつけるにはこの二つで十分でしょう。

「美味安全・野菜栽培士」
この資格は、育てるための資格ではなく、
野菜を購入するときにどこで育ったのか、品質管理は?

という視点で、野菜の安全を確認する資格です。

購入する時の安全を確認する資格ですが、取得する多くの人は、農家の方やスーパーの仕入れなど一般消費者へ届けるための仕事をしている人に多いようです。

もちろん個人でも、取得する人はいますが、スーパーで購入の際には、この資格を持っている人が選別して店頭に並ぶので、一般の人が直接いかせるかは疑問です。

料理人や卸業のひとなど、食に携わり、仕入れを行う仕事に活かすためには良い資格だと思います。

「家庭菜園検定」
家庭菜園検定は野菜に関する知識を身に着けたかどうかを問われる資格です。

具体的には
・野菜の種類&品種
・原産地や土壌など知識
・植物毎の良い育て方、育つ場所などの知識が身につきます。

一言で言えば、「野菜博士」になるための資格です。

イチゴやメロンなどは品種や原産地で味が変わったりしています。
フルーツは国産や外国産などがあり、種類も複数ありますよね?
このような知識と同様に、その他野菜も品種などがあります。

この資格は、進級制となっており、3級〜1級まであります。
取得の年代層も幅広く、若い人から高齢の方まで受ける方が沢山います。

実際に活かすと言うよりは、知識を身に着けたことを確認するという資格です。

■どの資格をどのように取るべきか?

ベランダ菜園の資格をはたくさんあるので迷ってしまう人も多いと思います。

・実際にベランダ菜園をやってみたい!
・今もやっているが知識を深めたい!

という人は
「ベランダ菜園アドバイザー」
「家庭菜園インストラクター」
この二つの資格をおすすめします。

なぜなら、育て方やよく育てる方法などはこの二つで網羅されているからです。

その他の資格は基本的な知識の上で、専門的な部分を身に着けたいときに取得するのが良いと思います。

二つの資格をオススメとして紹介しましたが
同時に取るのはなんだか大変そう・・・

と思われた方も多いと思います。
しかし、この資格は大変ではありません。

独学で学ぶのは大変ですが、通信講座を利用することでスムーズに取れるのです。

通信講座で資格取得することのメリット

・2つの資格を同時に学べる
・認定された通信講座を受けると試験免除
・自分のペースで教材を進めることが出来る

と言うところがメリットです。

ベランダ菜園の勉強をしようと書店に本を買いに行っても度の本が良いのか迷ってしまう人が多くいます。
その理由は、それぞれの見解で書かれている本が多いからです。

それぞれ育てていく中で、掴んだコツを学ぶのには良いのですが、基礎となる部分を疎かにして飛ばしている本も多いのです。

なので、ベースとなる基本知識を身につけるには、その部分に特化し、ノウハウを蓄積している「通信講座」が一番良いのです。

また、資格=試験と考え資格取得を辞めてしまう人も多くいますが、実際には違います。

資格=その知識が身についているか

これが重要なのです。
なので、しっかりとしたカリキュラムをもつ通信講座は認定をうけ、その通信講座を受けた人には試験免除しますと認めている講座もあります。

なので、資格取得を目指す時最初に選ぶべきポイントは
「学び方」なのです。

どんな学び方をしても、無駄になることはありませんが
正しい知識を認められた正しい方法で身につければ場違いありません。

その知識を身に着けた上で、それぞれの人の見解(コツ)が活きてくるのです。

認定を受けた通信講座は「諒設計アーキテクトラーニング」が行っている
「ベランダ菜園アドバイザーW資格取得講座」で取得できます。

この通信講座を受ければ、二つの資格を卒業と同時に取得できます。

正しい知識を身につけるためにも、認定を受けた通信講座を利用しましょう。

 

投稿日:

Copyright© 正しいお金の使い方 , 2017 All Rights Reserved.