筋トレ資格

■筋トレインストラクターの資格を取得すると出来ること

筋トレに関する資格を取得するとどのようなことが出来るかご存知ですか?

多くのトレーナーの方は、フィットネスクラブなどでスポーツインストラクターの仕事をしている人が多いと思います。

仕事をしていく中で、毎日トレーニングのことを考えて知識を蓄えているのだと思います。
そのような方からしたら、今更資格を取ってどうするの?

という意見も出てくるかもしれません。
しかし「その考え方はもったいないです」

既にトレーナーとして様々な筋肉や栄養に関する知識をお持ちの方も多いと思います。(・・・少なくともこの資格を調べている時点で)

目的は人それぞれですが、資格取得をする最大のメリットは、客観的に知識があることを証明できることです。

「フィットネスクラブでトレーナーをしています。」
もちろんこのように説明しただけでも、知識があることは伝えられるでしょう。

しかし、この証明はフィットネスありきです。
なぜなら、そのフィットネスクラブに通っている、または、その人のトレーニングを受けたことある人には、説明できますが。

今まだ、誰にも教わっていないまたは、これからどこかのフィットネスクラブ、パーソナルトレーニングを受けようと思っているという人には、魅力がいまいち伝わりません。

「フィットネスクラブ」+「あなた」
この「あなた」がトレーナーとして出来るという客観的証明として資格があるのです。

もう既に知識を持っているところもあると思います。
さらに掘り深められる知識もあると思います。

資格取得には、「客観的評価」「あなたの力量」を証明できるというメリットがあります。

■どのような人が筋トレの資格を取得するか

この筋トレの資格を取得する人は
・トレーナーをしている人
・トレーナーとして働きたい人
・ジムやヨガなどを経営している人
・運動に携わる仕事の人
などが多いです。

筋トレの資格と言っても、運動に関する知識をみにつけるだけではありません。

トレーニング後の回復に関する知識
日々の食事に関する知識
日常生活で取り入れやすいトレーニングの知識
現代社会の中で弱りやすい筋肉の知識

など、基本的なトレーニングの知識とともに、このような実践的かつニーズのある知識も身につけることが出来ます。

なので、実際に筋トレの知識を仕事に活かしたいという人だけでなく、日々の生活の中で行っているトレーニングの理解を深めたいという一般の人もいます。

資格と言うかたちで、学びやすくなったトレーニングの知識を一般の人も、学び始めているので、トレーナーとして働くにはその知識を知った上で個人で提供できることが大切だと思います。

是非、資格を取得し、あなたのちからで日本全国を元気にしていきましょう。

■資格取得後にどのような道を歩むかを再検討できる

資格取得を実際に行った人たちの多くが、
個人のパーソナルトレーナーとして独立して行く人もいます。

これは、フィットネスクラブで働くとともに、個人(あなた)にトレーナーになって欲しいというお客さんが増えたということです。

つまり、フィットネスクラブのトレーナーとしてでなく、個人の人柄や知識、力量をお客さんに認められ、是非あなたと契約したいという人が上回った瞬間です。

・フィットネスクラブのトレーナーとして働く

・あなたにお客さんがつく

・個人トレーナーになり様々なフィットネスクラブと契約

・個人のトレーナーとして独立

とこのような流れで独立する人も多いです。

資格取得をすることで、今働いている場所だけにとどまらず、もっと幅人いお客さんをトレーニングで元気にできるのです!

また、資格取得後は、団体向けの講師や専門種目のトレーナーなど幅広い分野で、活躍できます。

資格取得で得た知識と資格という客観的評価によってより活躍の幅が広がることは間違いありません。

■筋トレに関する資格の種類とオススメ

筋トレに関する資格には、様々な種類があります。

・日本の協会が主催し認定している資格
・それぞれのジムやフィットネスクラブが認定している資格
・自治体などが認定している資格

どこが認定しているかで、資格が変わってきます。

より専門的になればなるほど、認知はされにくいですが細かいことまで学ぶことが出来ます。

つまり
・日本〇〇認定資格→日本全国に共通する資格なんだ
・フィットネス公認→フィットネスの中ですごい資格なんだ
・専門的機械やトレーニング方法などの資格→専門的な知識を持っていそう

と相手は判断します。

なので、認知も多くされていて、基本ベースとなっている資格から取得したほうが良いのです。

そこで、オススメの資格は
・日本インストラクター協会(JIA)主催の
「筋トレインストラクター」

・日本生活環境支援(JLESA)主催
「トレーニングサポーター」
という2つの資格がおすすめです。

どちらも日本と付いている協会主催なので、全国で通用します。
まずは、この二つの資格を取得することをおすすめします。

では、この資格をどのように取得するのが良いでしょう?

しかく取得に関する知識はトレーニングだけではないので
座学で学ぶ分野も出てきます。
なので、トレーニングを仕事としている人でも、テキストとノートを用いて学んでいく必要があります。

なかなかの量なので、仕事をしながら取得すると言うのは結構なハードルだと考える人も多いようです。

しかし、これらの資格は最短2ヶ月程度で取得できます。
・・・さらに試験免除で!

その方法とは「通信講座」です。

勉強→試験→合格→資格取得
という手順を本来は、行わなければいけないのですが

しっかりと認定を受けた通信講座なら、
勉強→終了とともに資格を取得

という工程のみで、資格を取得できます。
時間のない方には特に通信講座がおすすめです。

資格取得するための勉強工程に意味があるのではなく、
資格取得後の、実践に意味があるからです。

できるだけ速く学び、最短ルートで資格取得します。

先程お伝えした
「筋トレインストラクター」
「トレーニングサポーター」
の資格を同時に取得出来る通信講座があります。

それは。
諒設計アーキテクトラーニングが行っている
「筋トレインストラクターW資格取得講座」
です。

この講座を受ければ試験免除で受けられるので是非取得資格を目指す方はこの通信講座で取ることをおすすめします。

 

投稿日:

Copyright© 正しいお金の使い方 , 2017 All Rights Reserved.