紅茶資格

■紅茶の資格を取ったら出来ること

紅茶の資格を取得したら出来ること

・紅茶に関する知識(茶葉・淹れ方等)
・お店を持ちたい方の第一日
・紅茶マイスター&紅茶アドバイザーの資格を取得できるので飲食関係の仕事で活かせる
・資格取得後は自宅やカルチャースクールなどで講師もできる。
趣味の幅を深めたり、友人たちとのお茶会などで知識を共有できたりなどいい事づくしです。

■紅茶の効能

紅茶は、意外と知られていませんが、健康に良い成分も多くあるのです。

茶葉や淹れ方をマスターすることで、普段のお茶会などで購入するケーキなどのお菓子に合わせて紅茶を選ぶことも出来ます。

組み合わせ次第では、より美味しくいただけます。
紅茶はカロリーが低いにも関わらず、効果や効能があるのでダイエットなどと併用しても良い効果を得られるでしょう。

どんどん理解を深めていくと、その日の体調によって変えてみたり、友人の悩みに対して茶葉を選んで上げたりなど、日々の健康の調整役として紅茶が活躍します。

■紅茶資格の取得方法

資格=試験
と考える人も多いですが

実際には、ちゃんと公認された通信講座を利用すると
試験免除で資格を取得することも出来ます。

資格を取りたいけど試験はちょっと・・・

と思っている人でも安心して受けられます。

■紅茶の資格取得までのカリキュラム

通常は

学習→添削→卒業→試験も仕込み→試験→資格取得
の流れが普通ですが、

スペシャル講座の場合は
学習→添削→卒業→試験免除で資格取得
という流れで取得可能です。

この方法で取得するには、資格の運営に認められた教材を扱う通信講座のみです。

さらに、通常は「紅茶アドバイザー」と「紅茶マイスター」は別資格なので2回受ける必要が有りますが
スメシャル講座なら同時に取得できます。

通信講座開始から、取得まで最短2ヶ月程度で全て終了します。

試験を受けるコースも試験免除のコースもありますが、
実際に仕事に活かすために最短で取るための方法として、スペシャルコースの選択もおすすめです。

紅茶という生活を豊かにする飲み物に関する資格
とても実践的でわかりやすい教材で取得してみてください。

■資格取得は難しくない

資格の取得は難しいと感じてしまうのは
過去に学んできた勉強の方法から学んでしまったことでしょう。

案外、勉強するべき内容や教材などはたくさんありますが、実際に活かすための方法や継続するコツ、学び方等を含む教材は少ないのが現実です。

理由は、本屋などで購入できる教材はフィードバック
つまり、その教材を使用しどのくらいの成果がでたか、どこがわかりやすくどこがわかりにくかったかなどの部分が作成者の判断で変わるからです。

その反面、通信講座での取得は、過去のデータに基づきどこが間違いやすいか、どのようなひっかけ問題が出るか、日々教材自体が更新されています。
どんどん、改善され良くなっていくということです。

どちらの方法で学ぶかは自由ですが、通信講座での取得のほうが取りやすいのは事実でしょう。

現実的に最も取りやすいのは学校へ行くことだと思いますが、学校へ通ったり、高い金額を払っていく必要があるので現実的ではありません。(可能な人は学校での取得も良いと思います。)

学校へ通う>通信講座>独学

の順に取りやすい順だと思います。
独学より、通信講座が取りやすい理由は、勉強のペースをつかみやすいからです。

ハッキリ言ってしまえば、視覚へ向けての勉強内容はどちらもさほど変わりません。
しかし、圧倒的な差は、どのくらいのペースで行えば一通りの勉強が終えることが出来るかや実践的な内容(テストや添削)など客観的に見てくれる先生がいることです。

自分一人で、時間を毎日決めて、もくもくと進めていくことが出来る人にはおすすめしませんが、なかなか難しいですよね

ペースを守って順番に進めていくことができれば確実に取得することがで着るのも通信講座の良いところです。

多くの人が通信講座で取得しているので貴方にも出来ます!

■通信講座は思っているより高くない

資格取得のための通信講座は高い!
と思っている人も多いですが、

独学で取得した人
通信講座で取得した人
を比較をした所おどろきのさがありました。

独学で取得した人は
まず、本屋さんに行きます。
そして、何冊かを目にし教材を購入します。
おそらくこの時、ノードなども一緒に買うのでしょう。
そして、多くの人は後日2冊めの教材を購入している人が多いです。
勉強をしていく中で、紅茶の茶葉やティーカップなど購入しにも行きます。
短期集中ではなく、趣味の一つとしてゆっくりと資格の取得を目指していく人には良いのかもしれません。

通信講座の場合
通信講座はネットで申し込むことが出来ます。
その他教材に迷うこともありません。
また、教材の中には「基本のティーセットや複数種類の茶葉」などがセットになっているものもあります。
それぞれを別々に購入する必要が無いのでとても便利なセットです。

資格取得の認定を受けている教材であれば、試験は免除で取得できます。
申込み教材が届いてから最短2カ月で資格を取得できます。
資格を最短ルートで取得し、その後の時間を有意義にしていくことを目指すのであれば通信講座がおすすめです。

紅茶を入れるセットが付いている通信講座ががオトクな理由は、まだ自分の好みが定まっていないときにいろいろな紅茶を少量ずつ試せることです。
自分にはこの紅茶があっているなと定まってから市販の紅茶をためしていくのがよいでしょう。

癖のつようものを最初に購入してしまったり、同じ紅茶でも加工されていたり、基本がわからなくなってしまうので、知識のないときに購入した王茶は無駄になってしまうことも多いのです。

このことからも、全てを総合的に判断すると通信講座のほうが安いことがよくあります。

■紅茶の資格講座は茶葉や淹れ方だけじゃない

紅茶の資格=紅茶の知識などの習得

と考えている人も多いようですが
実際にはそれだけではありません。

実際には、「紅茶」の資格を取得しお店で活かしたいという人も多くいるため、

紅茶を活かしたマーケティングや開業計画の知識なども含まれます。
知識→実際に活かすところまでフォローされています。

趣味で始めた紅茶も、資格の勉強をしていく中で理解が深まり自分のお店を出したという人も多くいます。

「今は、開業なんてとんでもない」と思われる方も、将来に役立つことがありかもしれません!
チャンスはいつ訪れるのかわからないからです!

専門的な知識はもちろん、その知識を活かすところまで是非トライしてみてください。

■ゆっくり取りたい人は自分のペースで!

最短2カ月と言いましたが、
趣味としてゆっくりと自分のペースで取得したい人もいるはずです。

最短は2カ月ですが、6カ月程度での取得も可能です。
試験免除のスペシャル講座でなく、通常の試験ありのコースもあります。

卒業課題があることもあり、スペシャルコースは少々値段が上がりますが、通常コースでの取得なら安く取得できます。
講座によっては、卒業後の受験料が安くなることも多いので、下手な教材を買って独学で行うよりも安く、効率よく取得できます。

趣味の幅を深めるという意味でも、紅茶の資格の取得ぜひ目指してみては良いのではないでしょうか?

 

投稿日:

Copyright© 正しいお金の使い方 , 2017 All Rights Reserved.