POP資格

■POPの資格は即戦力として活かせる
POPの資格は即戦力としていたすことの出来る資格です。

理由は、商品がある会社はたくさんあるけれど売ることの出来る人はまだ少ないからです。

その「売る」に直結する仕事だからです。

POPの資格がどのような場所で生かされているのかというと、大きく分けて3つあります。

一つはPOPを描くひと「POPライター」です。
有名なところだと、ドンキーホーテでは、商品の説明や値段などを手書きで作成しています。
その文字の暖かさなどで、商品の売れいきが決まります。

また、カフェなどの看板やレジ横のお菓子の紹介など手書きで書かれた、所でPOPが使われています。

これらの仕事は、販売員の他に専属POPライターとして働いている場合も多く現在人気の仕事となっています。
また、在宅でも可能なので、ネット経由でのお仕事依頼などもあります。

二つ目は「広告」です。
先程の活用は実店舗の商品紹介でしたが、もう一つの活用は「広告」です。
普段何気なく、目につくCMやチラシ、看板などこれらも販売の意図があり作成された広告です。
POPはその商品を魅力的に魅せるだけの仕事ではありません。
その魅力を正しく伝え、その商品を手にとってもらうことが大切なのです。

なので「アート」ではなく「デザイン」です。
アートとデザインの大きな違いは「目的」です。
アートは何かを表現することです。
デザインは、目的を具現化することです。
もともと、デザインは削るという意味が語源なので、魅力を身につけるという意味ではなく、その魅力となっている核の部分を削り出すことなので、正しい使い方、わかりやすさが大切です。

POPはデザインなので、その商品をどのようにお客さんに知ってもらうか?という目的を持って行うことが出来るようになります。

POPの出来る人がどの業界にも必要なのは、商品とお客さんをつなぐために大切な仕事だからです。
ある意味、これから先どんなに商品が増え便利になっても、そのメリットやデメリットを正しい視点でPOPとして表せる人はとても重要視されます。
・新製品が出ても伝えられなければ売れない
・どんなに便利でも、使い方がわからなければ買わない
その商品をわかりやすくかつ、魅力を伝え手にとってもらう仕事これがPOPのちからです。

■②
様々な仕事が増える中、POPのしごとは、商品がある限りなくならないとも言えるでしょう。

3つ目の活用方法は「デザイン」の分野です。
ここでの活用は商品そのもののデザインです。

お菓子のパッケージや服飾デザインなど、
完成に至るまでに、何度もラフを書き上げ、話し合いの上でその商品のデザインが決定されます。

その、話し合いの中でPOPを活用できます。
どんなに良いアイディアが頭のなかでひらめいても、そのイメージを言葉やイラストとして表現しなければ、相手には伝わりません。

凄くいいアイディアを思いつく人でも、それが上手く伝わるように表現できず、なかなか昇格できないもったいない人もたくさんいます。
そのようにならないためにも、表現の武器を身に着けてください。

POPは表現の一つとして、とても重要です。
プレゼンの資料や、ちょっとした挿絵、わかりやすいデザイン案など、さあざまな所で活用できます。

良いイメージを上手く表現出来る技術、これがPOPの資格を取得することで手に入れられる大きなことです。

■POP資格を取得する人
実際にPOPの資格を取得する人はどのような人が多いのでしょうか?

実際に取った人の業種をご紹介します。

取得する人で多かったのはお店の販売員です。
スーパーやパン屋さん、雑貨屋やカフェ店員など

実際に商品があり、より魅力的なPOPを書きたいという人が取得を目指すようです。
とても良い商品を、より魅力的に魅せるためのPOPを書きたいという人が多いようです。

次に多いのが、広告業で働きたい人です。
デザインを学びました!デザインの勉強をしました。
といっても、実際にどのくらいデザインが出来るのか証明するものはなかなかありません。
キャラクター制作、ホームページの作成、などであればポートフォリオと言うかたちで過去の作例を魅せることで伝えることが出来ますが、商品販売のPOPなどの経験は、なかなか過去のものを魅せるということが難しいです。

そこで、POPの資格を取得することで客観的に出来ることを説明できるので、会社者として人材を探している人から見れば目につきます。

デザインを学んだ!しかし、その学んだことを上手く表現できないという人にはPOPの資格を取得は大きな強みのひとつになります。

■POPの資格の種類
POPの資格は複数あります。
資格を取得する目的別に、様々な資格があります。

たくさんあると迷ってしまいますよね?

しかし、大丈夫です
しっかりと日本の協会が認めている、資格を取得すれば間違いありません。

その資格とは
「POPデザイナー」と「POPライターインストラクター」です。

この二つの資格はそれぞれ似ているところもありますが、若干目的は異なります。

「POPデザイナー」はJDP(日本デザイナー協会)が主催の資格です。

その名の通り、POPに関するデザインの知識を身につけ、配色や配置、紹介するものに対しての組合せなど、活用の場に合わせて知識を活かし、活用できる用になるための資格です。
なので、実際に商品を販売する、販売員の方やカフェの店員など、現場でPOPを活用する人におすすめの資格です。

「POPライターインストラクター」は日本インストラクター協会主催の資格です。
ライター、インストラクターとあるように、企業向けの広告で成果を出すためのアドバイスが出来る資格です。
POPを自分の販売店で利用する場合には、その場で作成することが出来ますが、商品毎にPOPを作成、各店舗に配布する広告、商品のパッケージなど、自分の見れる範囲外への広告利用としてPOPを利用する場合には、全体の流れや、業界ごとのつながり、出版物の作成など
基本的なことから、流れまでを身につける必要があります。
それらの知識を身に着けている、という証明となる資格です。
POPデザイナーと言う資格と比較するとより全体的な部分を把握して実践的に活用するための方法が学べる資格です。

POPデザインが出来ます!と一言で言っても、パッケージの発注までお願いできる?POPを描くことに専念など、客観的にどこまで把握していて、どこまで出来るのか?ということを相手に伝えるためにも資格が大切です。

この二つの資格はPOPを仕事に活かすためにはとても強い武器となる資格なので両方取得することをおすすめします。

■資格の取得方法
この資格を取得しようとしている多くの人は、資格取得だけが目的だはないと思います。

資格を取得して活かすこと!

が最終的な目的なのではないでしょうか?
資格マニアの方も中にはいますが、そのような方はゆっくり独学で学ぶのも良いでしょう。

しかし、そのような方は少数なので資格を活かしたい!
という人へ向けて書き進めていきます。

資格の取得ではなく「活かすこと」が目的なのだとすれば、
できるだけ時間をかけずに確実に資格を取得することが最優先だと思います。

そこで、オススメの取得方法があります。
それは「通信講座」です。

資格取得の方法は、「独学」「専門学校」「通信講座」などの方法がありますが、その中でも、最短かつ現実的に取得しやすいのは「通信講座」です。

独学でも、可能なのでは?と思われる方も多いですが、
本屋で教材を揃えたり、またPOPの資格は実際にPOPを描きながら学ぶので画材道具なども揃えなければなりません。

初めに全て揃えて、よし始めようとなった時、この画材がない、オリジナルの画材道具になってしまい、資格取得の勉強にならない・・・など
結局買い直すなどの2度手間になってしまうことがよくあります。

勉強のみの資格であれば、独学で進めていっても資格を取得することが出来るものも多いですが、やはり最短かつ実践的に学んでいくには独学はおすすめできません。

では「専門学校」でいいのでは?
と思われる方も多いと思います。
「専門学校でもいいかも」と現時点で思えている人は専門学校でも良いです。
学生や時間の取れる人ならまだしも、仕事をしながら取得しようとしている人にはおすすめできません。
金額も高いですし、毎週決まった時間を空けられるように調整しなければなりません。

ましてや、近くに専門学校があればよいのですが、ない場合には移動時間に大きく時間を使ってしまうので現実的ではありません。

そこで一番オススメのは「通信講座」なのです。
通信講座のメリットははじめから必要なものが揃った状態で始められる、自分で時間を作って学ぶことが出来る、だけでなく、しっかりと認定を受けたところなら、試験が免除になる!という点も大きなメリットです。

資格=試験と考える人も多いようですが
「通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング」の
「POPデザイナーW資格取得講座」なら、通信講座の仮居ラムを終えると同時に、資格を必ず取得できます。

これは、しっかりと協会に認定された教材であるからこそ可能なことです。
通常であれば、勉強を通信講座で行い、試験日に休みを合わせて調整しなけれあなりませんが、その必要がなくなります。

この取得方法はかなりアドバンテージになるでしょう。

 

投稿日:

Copyright© 正しいお金の使い方 , 2017 All Rights Reserved.