食用オイル資格

■食用油の資格取得すると出来ること

毎日の食事で必ず何かしらの油を取り入れています。
その為、健康へと直結する食材の一つといえます。

悪い油を取れば、体はみるみるうちに不健康に
良い油を取れば、みるみる健康になります。

それもそのはず、人間にとって最も大切な脳も65%は油で出来ています。

人間の体には油がかかせません。

一言で油と言っても、
なたね油、オリーブオイル、ごま油など有名なものから

・ココナッツオイル
・あまに油
・えごま油
・MCTオイル

最近有名になり認知され始めた油もあります。
これらの油はオメガ3といって、魚などにも含まれる良質な油です。

まだまだ、油の種類は複数あります。

食べ物での利用も
揚げ物からドレッシング、
カルパッチョやパスタなどのイタリアンまで

自宅での利用から、お店のこだわりオイルまで用途は様々です。

健康に直結するからこそ多くの人に選ばれている資格です。
料理をする多くの方に利用できる資格であると思います。

■普段の料理に取り入れやすい

食用油の資格と言われると身構えてしまう人も多いのですが、食用油を仕事に活かすためだけではありません。

日々の食事の中に取り入れられる気軽なものなのです。

食用油を学んでから、ドレッシンやマヨネーズなどの調味料を作ってみてもいいですし、
食事にあった油を使い分けていくことも出来ます。

一見ハードルが高く見られがちな食用油の資格ですが、そんなことはありません。

ハードルが高くないにもかかわらず、高く見られるということはチャンスでもあります。
それは、他にもそう思っている人あ多いということです。

レストランなどで働く人の中に、「食用油の資格」を持っています。
となった時、ワンランク上の資格を持っているように見えます。

調理師免許などは持っている人は多いですが、さらにもう一つ食用油の資格を持っていることで泊が付きます。

友人の間でも、食用油を使わない人はいないので、話の話題にもなり、アドバイザーとしてニーズがあります。

油という普段は目立たない、縁の下の力持ちである調味料の知識を深めることは今後の食生活の中でも大きな強みになるでしょう。

■食用油の資格を仕事で活かす

食用油の資格を取ることで仕事に活かしている人はこのような人たちがいます。

・料理人
・料理を教える講師の人
・栄養士
・介護系
・・・などなど食品に関わる仕事の人には活用の幅が広い資格でもあります。

その中でも、最近の注目は介護系です。

オメガ3という油が認知症などの予防などに効果があると発表されていらい、介護業界、医療業界でも注目され始めています。

まさに、これから注目の資格と言っても良いでしょう。

仕事に直接活かすためでなくても、持っているだけで、日々の食べ物に応用できたりもします。
健康に直結するので、誰がとっても生かせる資格と言ってもいいでしょう。

■食用油の資格を健康に活かす。

食用油の資格を取る人の中には、仕事で活かそうと思い取得する人たちだけではありません。

日々料理をするひとにも活かせる資格とも言えます。
自身の健康のためはもちろんのこと、家族や恋人、友人に振る舞う料理も油一つで変わってきます。

それぞれの油毎に効果が違うので、体調に合わせて油を変えたり、体に良くない油を控え、進んで取ると良い油を積極的に取るなど、油を極めることで、健康に磨きがかかります。

あなた一人が学ぶことで、周りの人も健康にすることが出来ます。

資格を取ることで、油の種類や使い方を学べるのはもちろんのこと
良いとり方、悪いとりかたなどなんとなく取っていた油が薬にも毒にもなることを知ることが出来ます。

ぜひ資格取得にチャレンジして日々の生活を豊かにしてみてください。

■食用油の資格の種類

油とひところで言い表せないように、
資格も複数の種類があります。

中でも、活かしやすい食用油の資格を紹介します。

・食用オイルソムリエ
食用ソムリエとは、沢山の種類のある油に関する知識を身につけたということを証明する資格です。

種類はもちろん、それぞれの油の効果、活用方法を身につけることが出来ます。
料理に加えるときも根拠に基づいて選ぶことが出来ます。

料理に関する仕事についている方にも活かせる資格だといえるでしょう。

・食用油アドバイザー
その名の通り、食用油に関するアドバイスが出来るようになる資格です。
知識をつけたあなたは、他の人へ油に関するアドバイスが出来るようになります。
具体的には・・・
「乾燥肌で悩んでいる」・・・「〇〇油がオススメ」
「コレステロールに関する悩み」・・・「◯◯オイルをサラダにかけると良い」
など、悩みから最適な油を選び出し、日常で取り入れやすい形で提案することが出来ます。
※〇〇に入る名前は資格取得の際に答え合わせしてみてください。

悩み→オイルを選択することもできれば
また、逆にオイルからレシピやパフォマンスのために取り入れかたを変えることも出来ます。

食用油を使いこなし、健康促進としても、また料理のプロとしても1UPすること間違いなしです。

■どうやって勉強するのか

油の勉強とってもどのように勉強すればいいのか迷う人も多いのだと思います。

一番詳しくかつ確実に資格を取る方法は
「通信講座」です。
本などでも学べますが、日々更新されていく油の知識を柔軟に取り入れていくためには、何冊もの本(教材)を読まなくてはありません。

しかし、通信講座なら情報のアップデートも試験の受け方なども全て一つで揃います。

また、しっかりと認定された資格なら、試験免除で資格を取得できるところもあります。
試験免除になるコースは、教材+数万ほどかかりますが、
試験を受ける費用が一回約1万円、かかるので試験免除の教材も免除なし教材も同じ価格です。

「諒設計アーキテクトラーニング」が行っている通信講座では「食用オイルソムリエW資格取得講座」では「W資格」と書かれている通り、「食用オイルソムリエ」と「食用油アドバイザー」の資格取得を同時に受けられます。

また、橋座+試験免除のコース「食用オイルソムリエW資格取得スペシャル講座」では2万円ほどプラスですが、卒業と同時に2つの資格を取得できます。

しっかりと学んで資格を取得する、その過程に試験があるかないかは大きくことなるポイントだと思います。

試験は受けて取得したいという人も大丈夫です。
試験免除コースを選ばず、2ヶ月に一回試験が各地で開催されているので、そちらの試験を受けてください(各1万円程度)です。

日々の生活にも取り入れられて、健康にも直結する資格なので人生の投資としてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

投稿日:

Copyright© 正しいお金の使い方 , 2017 All Rights Reserved.