インテリアデザイナー資格

■インテリアデザイナー資格活用方法

インテリアデザイナーの資格を取得するとどのようなことができるようになるのかをご紹介します。

インテリアデザイナーは
「生活空間を住み心地の良い環境にする人」です。

お店のディスプレイなどとは若干異なり、生活空間を主としています。

インテリアの知識はもちろん、設計や周辺法律などの安全面も同時に学びます。
生活に密着している部分だからこそ、より快適に過ごしやすい空間づくりが出来るようになる資格です。

資格取得を目指す多くは
・インテリアデザイナーを目指している人
・建築関係の仕事に就職している人
・家具などを扱うお店で働く人
・古民家カフェなどお店づくりを目指している人
が中心です。

なんとなく居心地がいい空間
効率的かつおしゃれな家具の配置
部屋ごとの適切な照明光度
など、通常の生活ではなかなか意識の行き届かないところまで極めた生活空間を作ることが出来ます。

このような知識は、なんとなくで身につけることは難しいです。
さらに、出来ることを証明することが難しいのです。

そのために資格があります。
少しでも活かせそう!と思った人は資格の取得をおすすめします。

■資格を活かす具体的な例

資格を取得して、具体的にどのように活かせるのか職業との組合せでご紹介します。

「建築関係」×「インテリアデザイナー資格」
建築関係との相性はとても良いです。

注文住宅の販売などであれば、モデルルームはもちろんのこと、カタログの写真などもこのインテリアデザイナー資格を用いることでより、魅力的に魅せることが出来ます。

少ない情報でどれだけ相手に充実した生活を創造してもらえるか、また住宅購入後に、実現できるかが肝となります。

住宅の販売の情報だけを羅列しても、お客さんに寄り添うことは出来ません。
なぜなら、住居は購入がゴールではなく、スタートだからです。

その後の、より快適な生活空間をどれだけ作ることが出来るかが大切なので、この資格が大いに役立つでしょう。

また、お客さんの要望を聞き、壁紙の変更や床の色など、より密着したところまで考えることが出来るようになります。

とても相性の良い資格と言えるでしょう。

「家具関係」×「インテリアデザイナー資格」
家具の販売や設計に携わる仕事の方にもこの資格は大いに役立ちます。

住宅系は住みたい環境から逆算して考えてあげることが出来るようになるとお伝えしましたが、家具関係のお仕事をしている方は、現在住んでいる環境を活かす家具選びを提案できます。

家具を購入したいお客さんは、頭のなかで思い浮かべた理想の生活を求めて、買いに来ます。
しかし、多くの人が、お店で見たのと自宅で配置したのではなんだかイメージが違う
というお客さんもよくいます。

それは、今住んでいる生活空間とその家具のイメージにギャップがうまれてしまったからです。
そのような人を一人でも減らすためにこの資格が有効です。

生活環境をより豊かにするために
想像取りの生活空間を実現できるように

このような視点で、家具をおすすめできるようになります。
家具を扱う仕事をしている人とも相性がとても良い資格だといえるでしょう。

「カフェ運営」×「インテリアデザイナー資格」
中には、自分自身でカフェを始めたい、または今あるカフェをより良くしたい!と思っている人も多いのではないでしょうか?

最近では古民家カフェ、など築数十年たっている物件を改装し、おしゃれなカフェなどになっている場所が増えています。

そのようなカフェを作る場合にも、どのようなコンセプトでインテリアを配置するか、家具を選ぶかなど、一見センスが必要に見える部分でもあります。

しかし、センスだけでは出来ません。
センスを身につけるベース部分に、基本的家具の配置や落ち着く空間づくりがあります。
その一歩としてインテリアデザインがあるのです。

今すぐどこかを変える必要がなくても、または、今すぐカフェを開業したいという人でなくても、まず基本を身につけることで、今後の広がりが変わります。

インテリアデザイナー資格はこのように様々なジャンルの素ごとと相性が良いのが特徴です。

活かすための目的を定め、資格取得を目指してみましょう。

■効率の良い資格取得方法

これだけ幅広い業界で利用できる&お客さんに寄り添える資格を取得するには難しそうと思っている人も多いのではないでしょうか?

「インテリアデザイナー資格」はそこまで難しい資格ではありません。

インテリアデザイナー資格の資格は、基本的なことから、応用まで幅広い知識を身につけることが出来ます。

どの内容も、しっかりとポイントを押さえていけば誰でも取得できるといっても良いくらいでしょう。

この資格の最大のポイントは、基本や応用を活かして、実際のお客さんの要望に答えるには経験が必要ということです。

資格の取得は、取得手順や勉強方法さえ間違わなければ問題ありません。
なので、しっかりとした教材を選べばよいということだけです。

勉強だけに時間を割いては行けません。
実際に、活かす経験を積むことに時間をかけましょう。

そうなると、いかに短期間で効率よく取得できるかが、実践時間を増やす鍵となっています。

そこで、オススメの取得方法は「通信講座」です。

インテリアデザイナーの本や学校もありますが、
どちらも最短で効率が良いとは言えません。

資格に特化した通信講座という方法が、良いと思います。
また、しっかりとノウハウを積み運営されている通信講座の教材を終えると、試験免除で資格を取得できるところもあります。

具体的には
「諒設計アーキテクトラーニング」の運営している
「インテリアデザイナー W資格取得講座」です。

この講座はしっかりとした内容と認められているので、講座を終えると同時に100%資格を取得できます。

またこの講座はW取得講座なので
「インテリアデザイナー」
「インテリアアドバイザー」
の両方の資格を同時に取得できます。

実際に資格を使うには、両方の知識が必要です。
どちらの資格も内容が重なり合う部分もあり、一緒に学び取得できるのはとても効率がいいです。

なので、資格を取得しようと考えている人は「通信講座」がおすすめです。

 

投稿日:

Copyright© 正しいお金の使い方 , 2017 All Rights Reserved.