風水資格

■風水の資格とは?

近年メディアなどでよく目にする風水。

その風水の資格を取得することでどのようなことができるようになるのかをご紹介します。

気の回りなどを意識したインテリアの設置などを行うことが出来るようになります。

風水は気の流れを意識した、インテリアの風水や部屋別オススメ観葉植物など、日常の中で取り入れやすく運気を簡単に上げることが出来ます。

ラッキーカラーや活用方法までその日の気分や前向きになるための風水の知識を得ることが出来ます。

■風水講座の内容と流れ

風水の資格は、まず、風水の基礎から学ぶことが出来ます。
なんとなく良いときいたから・・・
〇〇は風水上いいらしい・・・
など、なんとなく風水を取り入れてしまっている人も多くいます。

しかし、組み合わせによってはその場所に置くことが良くなかったり、間取りや叶えたい願望によっては間違ったことをしている人も少なくはないのです。

その為、風水とは何か?〜気の巡りなど基本的なことから、どのように生活に取り入れていくかを学ぶことの出来る資格です。

■風水の資格

風水を学ぶひとの中には独学で学ぶ人も多くいますが、
独学で学んでいる人は、実際に活かしているという人は少ないです。

一部分学んだところのみ、風水を意識していて全体としての気を保てるまでに知識を身に着けている人は少ないです。

その為、風水をやっています。学んでいましたと言ってもどの程度できるのか客観的に判断する材料がありませんん。

そこで、資格ができたのです。
しっかりと協会に認定された資格を持っているとなればしっかり学んだのだなと他者から見ても判断できます。

風水を学ぶ&活かすためには資格が必要不可欠なのです。

■風水を仕事に活かす

風水の視覚を取得する多くの人は、仕事に活かすためである場合も多いです。

家具の配置を専門とするインテイリア関係のお仕事の方やや、住宅鑑定士などの仕事ですぐに活かすことが出来ます。

風水を独学で学んでいても、なかなか仕事に無視日つけることは難しいのが現実です。
理由は、どのくらい風水を学んでいるのか客観的な指数がないからです。

その為、資格と言うものが重要になってきます。
風水を扱う協会が認定している資格を取得しているとなれば、客観的な判断になります。

資格を取って初めて仕事に活かすことが出来ると言っても過言ではありません。

■風水資格の通信講座によっては試験免除になる!

一般的な資格には通常試験があります。

しかし、認定されている通信講座を受けると、試験免除で課題提出のみで資格を取得できます。

風水のみで生計を立てるということは、難しいことですが、インテリア販売やセラピスト、住宅鑑定士などとあわせて風水を取得することで活かすことが出来ます。

その為風水の資格にかなりの時間を費やしてはいけません。

より実践的に風水を活かすためには、仕事や私生活に取り入れながら学んでいくのが正しい方法です。

その為、試験免除と言うのはとても大きなアドバンテージになるのだと思います。

■風水の資格取得は難しくない

資格ときくと難しく考える人も多いですが、
風水の資格取得は難しくありません。

独学や認定を受けていない人の本を読んで身につけることは難しいですが、しっかりと認定を受けた通信講座なら試験も免除で資格を取得することが出来ます。

「風水とは何か?」という基本的なところから教材あるのでこれから学ぼう、初めて行こうという人でも大丈夫です。

ぜひ通信講座で風水の資格を取りましょう。

風水の資格は「風水セラピスト」と「住宅鑑定風水インストラクター」がオススメ

風水の資格にはいくつかの種類があります。

・風水セラピスト

日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAMMP)が主催運営している資格です。

風水に関する基本的な知識を身につけ、住宅などはもちろんのこと、オフィスや店舗にもアドバイスすることが出来る資格です。

風水は近年メディアを通して一般的になりつつありますが、まだ「自宅で簡単」「部屋が汚いと運気が下がる」など個人レベルの風水の情報しかありません。

そんな中で、風水をオフィスや店舗にも取り入れる目的でアドバイスできる人が重宝されます。

気の流れをよくして行こうと考える経営者の方も多くいます。ニーズのある資格なので1番おすすめできる資格です。

・住宅鑑定風水インストラクター

住宅鑑定風水インストラクターの主な仕事は、風水の観点から住宅鑑定できるということです。

鬼門であったり、立地として商業的に良くないなどそのような観点からも住宅鑑定できます。

すでにある住宅を鑑定し、風水的に良い提案を行い住宅の価値を高めるということも出来ます。

現在ある価値を正す、または価値をあげることが出来る資格でもあります。

店舗を中心と扱う不動産等のしごとをしている人には活かすことの出来る資格です。

・風水アドバイザー

風水アドバイザーは風水セラピストと似ていますが、取得するための条件に

認定教育機関が行っている教育訓練プログラムを受講し、その全カリキュラムを終了してから出ないと試験を受けることが出来ません。

初めて資格を取得する人にはややハードルが高い資格になっています。

また、分かる人にはわかりますが、「風水セラピスト」「風水アドバイザー」とどちらかの資格を提示されてもお客さんはあまり差がないように感じるところも不人気の原因です。

まずは取得しやすい方から取るというのが、実践ですぐに活かすためには必要です。

風水セラピストを取得して、ある程度知識がついたら風水アドバイザーを取得する順番のほうが良いでしょう。

・風水鑑定士

風水鑑定師も、アドバイザー同様に資格取得までのハードルがやや高いのが難点です。

資格sを取得するまでに、一般社団法人国際風水気学協会の会員になり、年2回以上の勉強会に参加する必要があります。

初めての取得にはなかなかハードルが高いでしょう。

 

このように風水の資格には様々な種類がありますが

「風水セラピスト」と「住宅鑑定風水インストラクター」が初めての方にはおすすめです。

2つの資格はハードルも低く、取得しやすいので取得後にすぐに活かすことが出来ます。

また「諒設計アーキテクトラーニング」ではこの二つの資格を同時に取得することが出来る通信講座があります。

「風水セラピストW資格通信講座」というプランがあります。

試験免除もされるので風水の勉強をして、実際に活かしていこうと考える人には最適な通信講座です。

投稿日:

Copyright© 正しいお金の使い方 , 2017 All Rights Reserved.