FXの魅力は?外貨投資で稼ぐ必勝法は?

FXの人気が高まってるな。1990年代後半から、日本の金利が低くなり、アチラの高い金利を求めて外貨預金が流行りたんや。

2000年以降はさらに進んで、FX(異国為替証拠金取引)の人気が高くなってい まんねんわ。銀行の外貨預金って為替の交換手数料が高いんや。

1$につき1円取られまんねん。往復で2円や。ネットバンクでも外貨預金の為替手数料は片道50銭のトコロが多いや。

証券会社で扱っとる外貨MMFの場合、手数料は外貨定期の半分、1$につき25銭から50銭や。 しかも外貨定期と違って好きなタイミングで解約できて、利率はそこそこええのや。

さらに、FX(異国為替証拠金取引)になると、手数料が1$あたり10銭とか20銭とか遥かに安く、会社によってはタダのトコもあるんや。

また、外貨買いだけではなく、売りも出来るちう点や。せやけど、レバレッジが効くので為替変動リスクが大きくなるんや。

株式取引では、一日の取引量がどエライ少ない銘柄もあるんや。

取引量が少ないことを取り上げるかちうと、株式を売買がでけへんことが起りえるからなのや。

あんはんが取引量の少ない株式を大量に保有しとったとしまひょ。

異国為替証拠金取引(FX)では世界中で通貨が取引されており、どエライ取引量がようけ、通貨を買いたい時に買えへん、売りたいときに売れへんちうことは株式取引と比べ、やろかり低いのや。異国為替証拠金取引(FX)は1 日で数十パーセントの値上がり、値下がりはほぼ起りまへんと考えてもええや。為替取引はどないなに値動きがあっても5%以下や。そういった意味では、急激な変動が株式取引と比べても少なく、安定しとると言えまんねん。

FXと株ではどちらがリスクが高い?

追加保証金、追加証拠金のリスクを伴って担保取引を取引や。儲けの面ばかりではリスクの面も見ておやろかければなりまへん。

企業、外国為替証拠金取引FXの場合は通貨、 ゴチャゴチャゆうとる場合やあれへん,要は国家(中央銀行)が投資対象となるんや。

憂き目にあうことは、厳然たる事実として突きつけられたんや。

外国為替証拠金取引では、扱う外国通貨は、ドル、ポンド、ユーロやらなんやら信用の通貨ばかりやので、相場の変動はあるとして(それこそ収益性の源やろから)、通貨価値がなくなるちうことは、考えにくいと思うで。

このように比較検討してみると、株と外国為替証拠金取引とでは、株の方がリスクを伴いやすい要因が多いと考えまんねん。

投稿日:

Copyright© お金はマネー.com , 2017 AllRights Reserved.