フラワーアレンジメント資格

■フラワーアレンジメントとは?

フラワーアレンジメントとは、花や草をきれいに飾り付け一つの作品にすることです。

自宅の飾としてはもちろん、結婚式、お店、お葬式等の装飾として用いられています。

フラワーアレジメントを学ぶには、専門学校、独学、通信講座などの方法があります。

趣味として始める方から、フラワーアレジメントのプロを目指す方まで幅広い人が資格取得を目指しています。

花や草木を用いて最大限に活かし表現することの出来るフラワーアレジメントは近年、多様なニーズが求められています。

結婚式はもちろん、お葬式などの需要も増えているため、仕事に活かすにはとても良い資格だといえます。

■趣味としてフラワーアレジメントをする

ちょっと、部屋が寂しい時、花を用いたフラワーアレジメントで飾ると部屋の雰囲気が明るくなります。

花瓶に生花を飾るのも良いですが、それでは飾れるところも限定的で、個性を出すのは難しいです。

しかし、フラワーアレジメントは生花や草木を人るの作品としてきれいに飾ることが出来るので、その日の気分や、どんなお客さんを招くかで変えることも出来ます。

独学で学ぶことも可能ですが、なかなか基本的な事やセンスを磨くのは容易なことではありません。

その為、フラワーアレジメントの資格を取得する人が増えています。

資格を取得した後、自分の家を飾るのはもちろんのこと、自宅で開業したり、インターネット販売や講師として知人に教えることも出来るようになります。

フラワーアレジメントを通しての友人ができたり、きれいを共有することが出来るので趣味の幅も広げることが出来るでしょう。

■仕事としてフラワーアレジメントを活かす

仕事としてフラワーアレジメントの資格を取得しようとしている人の中で多いのは、「結婚式場のブライダルスタッフ」や「お葬式のスタッフ」などの職種の方に多いようです。

実際に働いている人はもちろんのこと、これからそのような職種につきたい人も資格取得を目指しています。

式の方も、ブライダルの基礎があり、さらにフラワーアレジメントの資格を持っているとなると、出来る仕事の幅も広がるのでとても重宝されます。

近年では、少子高齢化の関係で、お葬式などの式も増えています。
最後の時間をきれいな生花とともにお見送りすることはとても重要な事なので、本人にとっても、また、ご家族にとっても重要なことです。

それだけ責任のあることだからこそ、一回一回のフラワーアレジメントに対してやりがいがあります。

お葬式で依頼されるときには、生前好きだった花などを用いてフラワーアレジメントを依頼される事が多いようです。

また、結婚式などでは、色の指定があったり、ドレスに合わせたフラワーアレジメントがあります。
最高の結婚式にするためにフラワーアレジメントが重要なカギを握っています。

結婚式の花嫁を最大限に引き立てるために重要な役割です。

フラワーアレジメントを仕事に活かすということは、式やお店の雰囲気を決める重要な役割を担っているため、資格を持っているということが重宝されます。

■フラワーアレジメント資格の通信講座で学べること

フラワーアレジメントを学ぶには
「独学」「花屋で修行」「専門学校」「通信講座」
という手段があります。

自分の家を飾るのがメインであれば独学でも構いません。

お花屋さんで修行という方法もありますが
そもそも、お花屋さんに就職するときに出来ることが前提となっている場合が多いのです。

となると「専門学校」か「通信講座」での取得が良いでしょう。

「専門学校」で取得のメリットは
時間とお金をかけて専門知識を講師とともに丁寧に学べるため、とても詳細まで学ぶことが出来る点です。
専門の学校なので、その後の就職先などもつながりがあるので選びやすいです。
逆に、デメリットは時間とお金がかかることです。
学生なら専門学校という選択肢は良いのですが、社会人になるとそうも行きません。
学校に通う時間、金額が大きいので難しいと言う方も多いようです。

「通信講座」
通信講座は専門学校には行くことは難しいけれど、資格取得へ向けて本気の人が受けることが多いようです。
何と言っても最大のメリットは自宅で学ぶことが出来ることです。
通信講座は資格取得へ向けての教材があり、何年ものノウハウが蓄積された上で出来ている教材なので試験対策もバッチリです。さらに、資格を運営する協会が認定している通信講座なら、試験免除というところもあります。
社会人の方が、趣味や仕事でフラワーアレジメントをしたいと考えたとき「通信講座」はつよう味方になってくれます。

■試験免除になる通信講座を選ぼう

フラワーアレジメントの資格取得の方法で一番オススメなのは「通信講座」です。
中でも、認定を受けている「諒設計アーキテクトラーニング」の通信講座では、試験免除で資格を取得することが出来ます。

試験は、日程を調整して会場へ行ったり、試験費用を払ったりなどなかなか負担になることが多いのですが、その試験が免除です。

独学→試験という選択肢もありますが、教材費、交通費、試験費用等を揃えていくと結果的に通信講座の方が安かったということもよくあります。

最初から通信講座にしておけばよかったと後悔する前に「諒設計アーキテクトラーニング」のフラワーアレジメント講座を受けましょう。

 

投稿日:

Copyright© 正しいお金の使い方 , 2017 All Rights Reserved.