ファスティング資格

■ファスティングの資格を取ると

最近メディアでも取り上げられている「ファスティング(断食)」ですが、
その資格を取るとどのようなことが出来るかをご説明します。

ファスティングの資格を取ると
・より一層ファスティングの知識を深めることが出来る
・講師として仕事に活かせる
・ファスティング中に起きる人それぞれ違う症状に対応できる
・認められた資格を取得することでアドバイスできる

などがあります。
ファスティングを活かせる仕事は、栄養士の方やトレーナー等健康に気を使うお客さんと接する機会のある仕事の方には特にオススメの資格です。

ファスティング(断食)とは、体への栄養を最低限にし、カラダ本来の力を呼び覚ますことです。
自分自身で行っている人も最近は多いですが、その途中で様々な症状が出てきます。
たとえば
「空腹を感じ、その後軽い頭痛のような感覚になる」
「ファスティング前の準備を怠ったために調子が悪い」
「正しい酵素ドリンクの選び方がわからない」
「回復食を正しく行わなかったためにすぐにリバウンド」
など
様々な症状があります。
自分自身ではしっかりと意識して行うことが出来ても、他の人が実践し起きた問題の対応方法を明確にすると言うのは、直接経験することが出来ないことも多いので、難しいのです。

そこで、ファスティングの資格が活きてきます。

自分で行う「ファスティング」と
他の人の「ファスティング」をサポートする
のでは全く視点が違います。

まずは目的を聞く所から始まります。
・ダイエットが目的
・デトックスが目的
・アレルギーを緩和したい
などなど、様々な目的を持った人がたくさんいます。

その目的一つ一つに応えられるために必要な知識が
ファスティングの資格によって得られます。

■ファスティングを自身の健康に活かす。

ファスティングの資格は仕事だけでなく、自分自身の健康への理解にも活かすことが出来ます。

従来のダイエット方法では、サプリやプロテイン、食事等何かを取り入れることで燃焼率を高めたりすることが重要視されていました。

しかし、ファスティングの考え方は、何かを取り入れるという考え方の「逆」すなわち、いかに悪いものを取り入れないか、無駄なものを取り入れず、良質なものを少量取り体本体の機能をリセットするという考え方をベースにしています。

行ったことがある人も、これから学ぼうと考えている人も、食事に対する考え方が変わります。

食事に対するありがたさ
本物の見分け
添加物の危険さ

様々な事に気がつくことが出来ます。
体に悪い者をできるだけ取らずに、良質なものを選ぶことが出来るようになります。

ファスティングを実際に行った方の中には
「りんごをかじったときに表面の農薬を感じピリピリと痺れた」
「空腹を感じ食事を取っていない事に気がついた」
「食事が作業になっていたことを気付かされた」

など、効果とは別に、今までの食生活を見直すキッ変えとなる人も多いようです。

最高のパフォーマンスを生み出したり、これからの人生健康に生きつづけるためにファスティングをしっかりと学び自分自身に活かしていきましょう。

■ファスティングの資格の種類

ファスティングの資格にも複数の種類があります。
各資格ごとに認定している所が違うのです。

なので、できるだけ多くの人が支持し信頼性の高い資格を取得したほうが良いです。

オススメの資格一つ目は
・日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催している
「ファスティングダイエットアドバイザー」です。

ファスティングを行う方の多くは「ダイエット」を目的として行う場合が多いです。
その為、ダイエットに特化した、資格です。
ファスティングを行う方法は様々ですが、酵素ドリンクや野菜ジュースを中心に、水分を多めに取り入れて行う方法が一般的です。
悪いものの入っていない、酵素ドリンクを選んだりすることが大切です。
また、多くの人が気を抜きがちなファスティング前の「準備食」ファスティングを終えた後の「回復食」等の知識です。

ファスティングダイエットを正しく行うにはこれらの知識が必須です。
間違った方法で行うと、気分が悪くなったり大きくリバウンドしたりしてしまいます。
また、一見体調が悪くなったと錯覚する「好転反応」などの知識も必要です。
知識があればあるほど正しい対処を行いつつファスティングダイエットを行うことが出来ます。
近年でも、「ファスティングダイエット」が流行っているので、流行とともに正しい知識が大切です。

もう一つオススメの資格は
「JIA(日本インストラクタ協会)」が主催している
「ファスティングインストラクター」という資格です。

ダイエット目的の他にもデトックスなどの効果も含む資格です。

日本インストラクター協会が主催しているので、インストラクターの人がファスティングを活かせるように考えられている資格です。
ファスティングダイエットの実践資格と言っても良いでしょう。

ドリンク摂取のタイミング、回復食の大切さ等、ファスティング後のリバウンド防止策などの知識も身につきます。

基本的な知識は「ファスティングダイエットアドバイザー」
実際にファスティングを用いて活かす、持続させるための資格「ファスティングインストラクター」の資格が有効です。

どちらの資格も、ファスティングに関する知識をみにつけるために良い資格なのでおすすめです。
2つの資格を同時に取得できる通信講座などもあるので、正しく、信頼できる資格を取得しましょう。

■2つの資格を効率よく取得する

資格と聞くと
「勉強が大変そう・・・」
「試験がちょっと嫌だな」
「時間が掛かりそう」
など、始める前に色々と考えてしまうことも多いと思います。

しかし、正しい方法で学べば、2つの資格を最短2カ月で取得することも可能です。
2カ月集中して、ペースを保ちつつ勉強できれば、取得できそうですよね

案外、視覚の取得は難しいと思っている人は、やっていない時間が長かったりするものです。
やり始めた時点で、半分以上終ったも同然とよく言われています。

さらに、通信講座の中には、協会に認定されているものもあり、試験を受けずに取得できます。

その講座とは「諒設計アーキテクトラーニング」が行っている通信講座です。
「ファスティングダイエットアドバイザーW資格取得スペシャル講座」という講座を申し込めば、試験免除で資格取得することが出来ます。

卒業と同時に2つの資格を取得できます。
これは他の通信講座にない強みだと思います。

ファスティングに関する情報は間違っているものも多く存在しているので、正しい知識を身につける必要があります。なので独学では難しいところもあります。

通信講座をうまく使い、ファスティングの資格を楽に取りましょう!

 

投稿日:

Copyright© 正しいお金の使い方 , 2017 All Rights Reserved.