空間ディスプレイデザイナー資格

■空間ディスプレイデザイナー資格を取得すると出来ること

空間ディスプレイデザイナー資格の資格を取得すると、美容室やカフェの雰囲気作りやお店の商品の陳列等を魅力的に演出することが出来ます。

街を歩いていると何気なく見入ってしまうショーウィンドウ
ふと入ったお店の雰囲気で落ち着いたり
飾られている商品がより一層魅力的にみえ購入したり

などなど
日常の中で、魅力的な演出よって注目されていることが多いのです。

お客さん視点として感じることは多いと思いますが、
お店の人は演出としてその雰囲気を作り出しています。

お店の商品だけで、その商品を手に取ってもらうことは出来ません。
その商品がより一層、魅力的に見える演出やわかりやすい配置等によって、その商品のイメージが変わるのです。

「魅力的」にしたい!と多くの人が思っていても、直接言葉で伝えるよりも、周辺の演出などで、大きな差が出ます。
言葉の代わりに、商品の魅力を最大限に活かすことが出来るのが、空間ディスプレイデザイナー資格なのです。

センスを磨くことで商品の価値を高めることが出来ます。
ものがあふれる現代社会の中で必須資格とも言えるでしょう!

ものを作るというだけでは、生き残れません

ものを知り魅せるという技術がこれからの社会で必要なことだといえるでしょう。

■どのような人が取得するのか

資格を取得すると、魅力的に演出することができます。
取得している多くの人は、「アパレル」や「インテリア」業界で活躍している人が多いようです。
また、これからカフェやお店を作ろうと考えている人も取得しています。

「アパレル」×「空間ディスプレイデザイナー資格」
洋服の配置やライトの当て方など基本的な技術から、商品毎の間のとり方や色の組み合わせ、壁紙の選択など様々な技術を使い演出することが出来ます。

「インテリア」×「空間ディスプレイデザイナー資格」
インテリアを扱う職業の人は、作りたいお店の雰囲気や商品をしり、その場所にあったインテリアをおすすめすることが出来ます。
お店の店員さんが家具を選ぶ時、インテリア屋さんで見たときと実際に、自分のお店で飾ったときにはなんか違ったと感じているとよく聞きます。そのような空間毎のギャップをうめることが出来るのが空間ディスプレイデザイナー資格です。

「お店や商品」×「空間ディスプレイデザイナー資格」
資格取得を目指す方の中には、自分自身の商品やサービスを持っている人も多いです。
商品やお店のコンセプトを考えて作られている場合が多いので、機能面や品質では問題ないと思います。

しかし、実際にその商品がお客さんに選ばれるということはその先にある商品の「イメージ」や「ストーリー」等です。
ものがただあっても多くの人は購入しません。
その商品を説明する、言葉、雰囲気、ストーリーによって人は買うのです。

その演出方法も様々で、たとえばキッチン用品なら、
そのものを手に取った時、キッチンがイメージできるかということも演出の一つですし
逆に、徹底的に魅力的に見せた、キッチン用品を並べれば、素人の人には到底出来ないと感じさせるプロの空間なども演出できます。

人は「物」そのもので判断するのではなく、そのものを取り巻く空間やストーリーで判断するのです。

自分自身でお店をやっている人は、もちろん自社の商品をよく理解しているはずなので資格取得後は、魅力的な演出を施したディスプレイを用いて陳列することが出来ます。
さらに、資格取得ごの最大のメリットは、他のお店の雰囲気づくりもできるようになるということです。

他の人の商品の仕組みやコンセプトを聞くことで、それを最大限に活かすことのできる空間を作ることが出来ます。
このような仕事は、しっかりと学んだ人にしか出来ません。
そして、一人ひとりの個性を最大限に活かして仕事をすることが出来ます。
なので、とてもやりがいがあります。

これからの社会も、ものがなくなることはありません。
しかし、ものづくり周辺のことに関しては、ロボットが代用する時代が来るかもしれません。

しかし、この演出、魅力的に魅せるという技術は今の所人間にしか出来ません。
いま見に付けておけばこれからの社会でも大いに活躍できると思います。

■有効的な資格のとり方

空間ディスプレイデザイナー資格は取得して終わりではありません。

趣味として、資格取得を取ろうと思っている人も少なからずいるとは思いますが、取得を目指す方の多くは仕事で活かしたいからだと思います。

そのような人が多いので、ハッキリと言いますと
「空間ディスプレイデザイナー資格」は「資格」です。
なので、実際の仕事に活かすためには、資格取得後が最も大切です。

資格を取ったから良い、仕事が出来るというものではありません。

「なので資格の取得にはそこまで労力をかけない方が良い」
これがリアルな感想です。

資格取得に時間をかけるよりも、実践を積んでいくことに時間を最もかけるべきです。
その中で、センスが磨かれ、仕事でも活かすことの出来る技術になっていくのです。

わかりやすく言うと
・画材道具の使い方を学んでも、絵はうまくならない
・調理器具をただ使っても料理はうまくならない
とでも表すとわかりやすいでしょうか

もちろん資格取得のために学び、知識をつけることで演出の方法を学ぶことが出来るのでとても良いことです。

それをあなた自身が活かした瞬間こそ最も良い瞬間です。

なので、資格取得には時間を多く割かない方法で資格を取りましょう。

一般的に「資格」というと、試験を受けるというイメージが多いですが、実はそれだけではありません。

しっかりと認定を受けた通信講座での資格取得を目指せば、試験免除で資格を取ることが出来ます。

試験免除で最短かつスムーズに取得して多くの時間を実践や他の店舗のリサーチに割くなど試験がないことで、同じ時間でより実践に生きる知識を身に着けましょう。

試験免除で取得するには
「諒設計アーキテクトラーニング」が行っている
「空間ディスプレイデザイナー資格格取得講座」がおすすめです。

効率よく通信講座で、知識を身につけ、実践に活きる資格取得を目指しましょう。

 

投稿日:

Copyright© 正しいお金の使い方 , 2017 All Rights Reserved.