デッサン資格

■デッサンの資格?資格取得をする理由

「デッサンの資格」と突然聞いて、
多くの人が「デッサンにも資格があるんだ!
と驚かれる人がたくさんいます。

・デッサンと言うと、画家の人が絵を描く時に使う技法
・趣味で絵を描く人は利用する

など、デッサンと言う言葉を聞いたことは合っても、
実際にデッサンが出来るといえる人はなかなか少ないと思います。

さらに、デッサンの資格にもなるとどんだけ難しいの?
と身構えてしまう人もいます。

しかし、「デッサン資格」の資格は決して難しいものではありません。

デッサンの資格を取る多くの人の理由を解き明かしていきましょう。

デッサンの資格を目指す人の多くは、「趣味」のために取得を目指す人が多いです。

趣味のためなのに資格?と思われる方も多いと思いますが、そうです!趣味のために資格なのです。

多くの人がなぜ、資格取得を目指すかというと、最大の理由は「資格という目的」です。

知っている通りデッサンは絵を描くことですが、
いきなりデッサンを始めようと思っても、
・まず何から道具を揃えて、始めればいいのか?
・そもそも、デッサンをやりたいけど書きたいものが得にない
・書き方もしらないのに独学で始めるのもハードルが高い

のように「デッサンで絵を描きたい」と思っても
「デッサンで絵を描いている」という人は圧倒的に少ないのです。

そこで、まず「デッサンの資格取得する」という目標に基づいて始め、画材を揃えたり、絵を描く基本的な事を学んでから徐々に好きなものを描いていくという順序にシフトしていく人が多いのです。

つまり、資格を取る最大の理由は
絵を描きたいけれど、どこから始めればいいのか迷っている人のための目標としての「資格」と考えればよいでしょう。

■デッサンの資格の種類

デッサンの資格は複数の資格があります。
中でも、基本を抑えた一般的な資格は
日本デッサンプランナー協会(JDO)主催の「鉛筆デッサンマスター」

日本インストラクター協会主催の「絵画インストラクター」
です。

デッサンの資格を取ろうと思ったら、まずはこの二つのどちらかからトライしましょう。

「鉛筆デッサンマスター」
鉛筆デッサンマスターは、デッサンの考え方、技術などの基本的なことを学び、いろんなものを描けるようになったと認められる資格です。

鉛筆という基本的な道具を最大限に活かし、ものの形状や陰影などを注意深く観察し、一枚の紙に描いていきます。
なんとなく描き始めるのではなく、しっかりと技法を理解して描けるように練習ることで短期間でも、しっかりと描けるようになります。

デッサンを趣味に取り入れたいという人から、将来芸術系の仕事につきたいという人までにオススメの資格の一つです。

「絵画インストラクター」
絵画インストラクターは、デッサンとスケッチに関する技法や各種道具を知り、一枚の絵として完結させることが出来ると認められた資格です。
この資格も、専門的な知識、絵画に関する技法などを身につけることで学ぶことが出来ます。

上記で紹介した、資格には共通していることがたくさんあります。
基本的な知識、道具の使い方、技法などあらゆる面で共通しているので、学び方によっては、二つの資格を同時に取得することもかのうです。

■私にもできるかな?

デッサンを始めたい・・・
でも
私に出来るかな?
と思っている人は多いです。

中には、したいという気持ちを持ちつつ
心のなかで諦めてしまい
「デッサンはセンスだから上手い人しか出来ないんだ」
などと自分に言い訳をしてしまう人もいます。

言い切ります。
絶対にそんなことはありません。

逆に質問です。
「過去に絵を学んだことがありますか?」

きっとあると答えた人は少ないと思います。
あっても、小中学校の絵の時間に少し学んだような・・・
程度だと思います。

しっかり学んだこともないのに諦めてはいけません。
楽しいことをするのでそんなに気構えても行けません。
リラックスしながら、自分のペースで学んでいきましょう。

学び方を間違えなければ、基本的なことから一つずつ習得することが出来ます。
しっかりと手順を守り学ぶことで誰でも出来ます。

私にも出来るかな?という不安は始めていくうちに自然と消えていきます。

まずは第一歩を一緒に進めてみましょう。

■デッサン資格のとり方

デッサンの資格を取りたいと思った時どのように学ぶのが良いのか迷う人も多いのではないでしょうか?

選択肢としては
「本屋で教材を買う」
「専門学校に行く」
「絵画を学べるサークルに入る」
「技術習得を応援してくれる職場を探す」
など、手軽なことから難易度のなかなか高い方法まであります。

本屋で教材を買う場合には、気軽さの反面どの教材が一番良いのかを見極める必要があります。
本屋での教材購入の失敗に多いのが、
・本の内容が難しすぎた
・筆者の独自の技法が多く含まれており資格取得には向いていない
等です。

せっかく学ぼうと思っても、本当に正しい知識なのか判断する材料がない状態で始めなければなりません。

「専門学校に行く」
この方法は、時間の取れる方にはおすすめです。
専門学校なので講師のもとで専門的知識を身につけられます。しかし、学校に行くための費用と時間が制限されません。
近くに専門学校がない場合には、実行不可能な選択肢になってしまう人も多いでしょう。

「絵画を学べるサークルに入る」
市区町村では公民館などで、絵画好きな人が、集まってサークルを行っている場合もあります。
サークルに入ることで、絵画好きの友人は増えそうですが、資格を目指すことを目的とするには難しい環境かもしれません。また、サークル活動は、年齢が偏っていたり、凄く上手い人達の集まりや、地域民の憩いの場としての代わりとしての活動もよく見受けられます。
しっかりと学びたいという人には不向きでしょう。

「技術習得を応援してくれる職場を探す」
これもまた、なかなか難しい方法です。
資格取得の支援はしてもらえそうですが、仕事を行いながらだったり、今後の会社への貢献の為、育てるために支援してくれる場合です。そのような支援を行ってくれる所はめったにないと考えて良いでしょう。年齢が若く、今現在学生だと言う方や、新卒でデザイン系の就職先にいる場合には伝えてみてもいいと思います。

このように考えるとどの方法も各所でそれぞれのハードルがあり、
現段階で「やっぱりやめようかな・・・」

と思ってしまう人も多いと思います。

「ちょっと待ってください!」

上記の内容に当てはまらなかった人にオススメの方法があります。
それは「通信講座」です。

通信講座は、デッサンの資格を取るための教材
わからないことがあれば、電話やメールなどで質問できるサポート
自分のペースで目指せる

など、どんな方でも資格取得を目指せる唯一の方法です。
今すぐ取らなければならないなどの制約はないのですが、最短2カ月で取得することもかのうです。
もちろん6カ月かけてゆっくりと行いたいという人でも大丈夫です。

ここで注目するべきポイントは最短2カ月で取得できるというところです。

最短で取れる期間を見ることで、教材の濃縮度が分かります。
しっかりと資格に合った内容を進めていけば2ヶ月で終わるということです。

何年も、ダラダラと目的もなく学ぶのではなく、最適なタイミングで最適な教材で学ぶのです。
そうすることで、その後の「デッサンライフ」をより楽しむことが出来ます。

 

投稿日:

Copyright© 正しいお金の使い方 , 2017 All Rights Reserved.