コーヒー資格

■コーヒーの資格をとると出来ること

コーヒーの資格とはどのようなものなのでしょうか

・豆の種類
・焙煎方法
・淹れ方
・カフェ開業&経営ノウハウなど

を一通り学ぶことが出来ます。

・初心者の方が趣味としてコーヒー知識を深める人
・コーヒーへの専門知識を身に着けて将来カフェを開きたい人
まで「初心者〜プロ」までに指示されている資格です。

■コーヒーの資格取得は人生を豊かにする

コーヒーの資格を取得するということは、人生を豊かにします。

コーヒー好きの人にはアタリマエのことだと思いますが、
毎朝のコーヒー、その豆をこだわってみたり、淹れ方を身につけることで、よりいっそう深い、コーヒーでしか感じることの出来ない至福の時間を過ごすことが出来ると思います。

・コーヒーにはリラックス効果やカフェインによる目覚めの効果など様々な効果があります。
そんなコーヒーを深く理解し、人生の一部として身につけることはとっても良いことだと思います。

コーヒーが好きな人も、これからコーヒーを学ぼうと思っている人もコーヒーの資格と取ることをキッカケにより深い知識を身に着けて、人生を豊かにしてください。

■コーヒーの資格を摂ることのメリット・デメリット

コーヒーの資格を取ることでそのようなメリット・デメリットがあるのでしょう

メリット
・コーヒーへの理解を深めることが出来る
・カフェなどの求人に強い
・将来カフェなどを開業したい場合には強い味方

デメリット
・コーヒーに関する情報が多くあり正しい情報を身に着けにくい
・趣味としての資格とプロとしての資格が混在していてどの資格を受けるべきか迷う

このようなメリットとデメリットがあります。

資格なので基本的にメリットしかありませんが、
いざ勉強をしようと思った時、そのネットなどに乗っている情報が主観的なものであったりして、資格取得へ向けての勉強がしにくいというデメリットがあります。

コーヒーは毎朝飲んでいたり、個人個人のこだわりなどもあるので情報がたくさんあります。
しかし、コーヒーの資格を取るということは、個人の主観だけの判断だけでなく、比較した上での好みであったりを見定めることができるということです。

簡単に言うと「自分の意見」だけでなく「相手の好み」に合わせてコーヒーを選ぶことが出来る資格です。

■コーヒー好きの一歩先を行く

コーヒーが好きと言っている人には様々な人がいます。
「コーヒーって美味しいから好き」
「コーヒーを飲むとリラックスできる」
「コーヒーに詳しい人はなんかオシャレ」

コーヒーが好きな人もいろんな人がいますが、
その人たちの多くは、なんとなく好き、友人にちょっとよく見えるから
と考えてコーヒー好きといっている人が多いのも現実です。

しかし、資格を取得した人達は、より深い感覚でコーヒー好きです。

一般の人が言っている「好き」の感覚よりより進んだ「好き」であるのだと思います。

どの分野でもそうですが、本当に好きな人が、ちょっと好きと言っている人を見たときには一発でわかります。
それは、その分野での理解度が違うからです。

趣味なのだからそんなに固く考えなくてもいいのでは?
と思う人も多いと思いますが、実際に固く考えているわけではなく

本当のコーヒーの楽しみ方を身につけるとこんなに素晴らしく人生が豊かになるよ!とお伝えしたいだけなのです。

普通の人が、まだ感じれていない一歩進んだコーヒーの世界を学び感じることが出来ます。

■座学と実践

コーヒーの資格と聞くと身構えてしまう人もいるのですが・・

実際には勉強だけではありません。
実際にコーヒーをいれて、味わう事によって学ぶことも多いです。

学んだことを実際に使ったときに楽しさを感じます。
是非、資格を取ることはもちろん、実際にコーヒーを淹れて楽しんで行きましょう。

そのために、一つ一つコーヒーの機材を揃えていくことも楽しみの一つになります。

■資格の取得は通信講座が基本

資格の取得方法は
「独学」「学校へ通う」「通信講座」
一般的にはこの方法のどれかであると思います。

難しい資格の取得(国家資格)などの場合には
専門的な学校をでなければなりませんが

その他の資格は「独学」か「通信講座」を選ぶ方法になります。

しかし「独学」を最初に選ぶ人は圧倒的に多いです。
なぜなら。
・なんとなく安いイメージ
・自分のペースで出来る
・途中で投げ出しやすい
などなどいろんなイメージがはびこっています。

実際に取得した人の多くは
「独学」→「通信講座」の順で最終的には通信講座を選んでいます。

なぜ、通信講座を選ぶのかというと、ペースがつかみやすい
テストや添削など自分の間違いやすい所を見つけやすなどの理由です。

本気で資格を取得したいと思い実際に取得している人の多くは「通信講座」を選んでいます。

中には通信講座は高いのでは?
と思われる方も多いのですが、

独学で複数の教材を本屋で購入
細々と、実際に使う機材などを購入
一つの教材では理解できないことが出てきて教材を複数購入

等していると結果的に「通信講座」の方が安くなります。

細々した出費により、安く感じますが
一つの教材&機材のセットを買うほうが、その場ですべて揃いますし、結果的にやすいのです。

先程も書きましたが「独学」→「通信講座」へシフトした人に関しては2倍支払っていることになります。

実際に取得人に聞いてみても
「初めから通信講座でよかった」という人が圧倒的です。

このような意見を聞いても独学で始めたいという人はやってみても良いと思いますが後悔だけはしないでください。

最近では通信講座での資格取得が一般的です。

■通信講座どこがいいのか?

では、通信講座はどのかいいのでしょうか?

それはズバリ「教材と機材がセット」になっている通信講座です。

コーヒーの資格には当たり前ですが
「コーヒー」に関する知識が必要となります。

その知識を手にいれるには、知識をみにつけるのはもちろんのこと、実際にコーヒーを入れる経験も大事です。

つまり「教材」と「コーヒーを淹れる機材」が揃える必要があります。

別々で購入する事もできますが、オシャレな装飾がついていたり、機材によって違う淹れ方だったり、「学ぶ」事に特化した、機材はなかなかありません。

そこで、資格取得のために揃えられた教材と機材のセットの選びましょう。

機材付きの教材には、資格取得に基づいた機材と、又その使い方なども詳しく書かれています。

セットなので教材と機材の表記や使い方なども統一されています。

セットが圧倒的におすすめです!
基礎セットを持った上で、そこから周辺のものを買い揃えていくと、間違いありません。

知識を身に着けた上で道具を選ぶと、長く使えるものも選ぶことが出来ますし、それぞれの特徴までも見えてくるのでおすすめです。

コーヒーの道具と教材のセット届く通信講座を個なっている会社は「諒設計アーキテクトラーニング」です。

 

投稿日:

Copyright© 正しいお金の使い方 , 2017 All Rights Reserved.