ハウスクリーニング資格

■ハウスクリーニングの資格取得で出来ること

ハウスクリーニングの資格を取得することで出来ることは

・掃除に関するプロの知識が身につく
・ハウスクリーニングの基本から応用技術まで実践的な知識が身につく
・掃除に関する仕事につきたい人の知識が身につく

などを学んだということを証明できます。

資格取得で、自宅の掃除はもちろんのこと、ハウスクリーニングの仕事にも有効です。

ハウスクリーニングの資格の具体的な内容は

・掃除に関する基本知識
・掃除の応用技術
・掃除用具の選び方
・場所別による掃除方法(屋内・外・水回り・キッチンなどなど)

掃除場所にあった掃除用具で、プロにテクニックを用いて、掃除を行うことができようになります。

■ハウスクリーニングのニーズは年々増えている

ハウスクリーニングの仕事のニーズは年々増えています。

前までは、家事代行、家具の設置、エアコンなどのクリーニングなど様々な業者が独自のノウハウで掃除を行っていました。

今までのニーズは
・なかなか出来ない所、専門的な所の掃除
・購入後の入れ替え取り付けと同時に掃除
・引っ越しの際に掃除

など現在でもこのようなニーズはありますが、
現在進行形で、増えているニーズがあります。

それは、自宅の掃除です!

高齢化により、高いところや分解しての掃除など、手間のかかる掃除を始め、日常の掃除など負担をできるだけ減らすためのニーズが増えています。

中には、両親の誕生日や敬老の日、母の日などに
「ハウスクリーニング」をプレゼントする人もいるようです。

専門的なところから、生活の負担を軽減するために、プロに依頼しようという人が増えています。

その為、これからもニーズはどんどん増えていくと思います。

■ハウスクリーニングで親孝行

ハウスクリーニングの専門知識を身につければ、
部屋をきれいにする事ができるので、実家や親戚の家もあなたが掃除をしてあげることが出来るようになります。

家をきれいにしたいけど、知らない人を家に入れるのはちょっと不安・・・
と思っている人も実は多いのです。

なので、あなたがプロの知識&資格を取ることで、周りの人の家を徹底的にきれいにしてあげることも出来、喜ばせることが出来ます。

掃除=人の喜びに直結しているので、とてもやりがいがあります。

■ハウスクリーニングの資格の種類

ハウスクリーニングの資格の種類をご紹介します。

ハウスクリーニングの資格というと実は複数あります。
なぜ、複数の資格があるのかというと、それぞれ認定している所が違うからです。

その中でも、必ず押さえておきたい2つの資格をご紹介します。

・ハウスクリーニングアドバイザー
主催 日本生活環境支援協会(JLESA)主催

この資格は、掃除のプロになるための資格です。
基本的な知識、掃除場所ごとのポイント、頑固汚れに対する複数のアプローチなど、掃除に関する知識を実践的に活かすためのアドバイスが出来るようなります。

なので、ハウスクリーニングの専門業者を始め、不動産関係、リフォーム業、介護、病院などで働く人にも選ばれています。
掃除に関する資格を取得したいと思った人がまず取るべき資格の一つと言えるでしょう。

・クリーニングインストラクター
主催 日本インストラクター協会(JIA)

掃除の知識を持っているかつ、その知識を技術として持っていると認められた資格です。
アドバイザーと同様に、知識と技術を身につけられますが、インストラクターなので、より実践に近い技術の習得が可能です。
掃除を活かして仕事にする人には必見の資格でしょう。

2つの資格は内容が似ているところも多々あるので、二つ同時に目指すことが出来ます。
同じ知識は一緒に学び、違う知識をみにつけることで掃除の主ペシャリストになれます。

■ハウスクリーニング資格の取りかたは通信講座がオススメ

学ぶ部分が重なる部分も多いのですが、
一般的に資格を取得するには、それぞれの教材を購入し学ぶ必要ガあります。

なぜなら、教材の会社も、一つの資格に絞って扱うことが多いからです。
しかし、そのような勉強では二度手間になってしまいますよね。

そこで、オススメの資格取得の方法は
「通信講座」です。

通信講座の中でも、2つの資格を同時に取得することが出来る講座があります。
諒設計アーキテクトラーニングの
「ハウスクリーニングW資格講座」という講座です。

この講座なら、二度手間をかけることなく、一つの講座で2つの資格を取得できます。

また、一般的には試験を受けて資格を取得するのですが、
「ハウスクリーニングW資格講座」は両方の協会に認定を受けているので、試験免除で取得することも可能です。

掃除は知識を身に着けて、それを実践することで磨かれて活きます。

なので、試験のために勉強してはいけません。
資格のその先!を見据えて、勉強しましょう。

なので、試験を目的とせず、勉強し、取得できるので時間にもゆとりが出来ます。

その出来たゆとり時間を活かして、掃除の時間に当てましょう!

通信講座での取得がおすすめです!

 

投稿日:

Copyright© 正しいお金の使い方 , 2017 All Rights Reserved.